ウェットキャットフード:一般食

ウェットキャットフードを愛猫にあげている皆さんは、普段どれぐらいの頻度で一般食を食べさせていますか?
また、一般食をどういった解釈でとらえているでしょうか。
今回は、ウェットキャットフードの一般食についてお話しします。

そもそも一般食とは何かというと、含有している素材や栄養分の種類の少ない原材料から作られたもので、位置的には「補助食」ともいえます。
一般食はさまざまな種類のものが売られ、ごくありふれた存在であるため、総合栄養食とどう違うかが把握しきれていない方も多いことでしょう。
総合栄養食は栄養バランスをしっかり考慮されているため、主食として与えることができる一方、一般食はチキンならチキン、ビーフならビーフといったように、味そのものを売りにしているので、栄養バランスは整っていません。
栄養バランスが整っていないということは、一般食ばかりに傾倒して食べ続け、それが主食化してしまっては偏食や肥満、その他の病気の原因になりやすいため、主食とすることは望ましくありまあせん。
ですので、一般食はおやつとして1日に1度あげるかあげないか、というほどの低い頻度で与えるのがちょうどいいといわれています。

もし愛猫が総合栄養食の食いつきが良くなかったり、普通に食べていたとしても元々食が細いタイプだった場合に、より必要な摂取カロリーに近づける役割として与えることもできます。
このような場合にとても効果的な手段として利用できるので、なくてはならない存在です。
とはいっても、この際も一般食の食べ過ぎによる偏食や肥満には注意してください。

注意点としては、「安物ばかりを選ばないこと」です。
ウェットキャットフードの一般食は、どこかを負傷していたり、病気だった動物の肉を使い、安く製造・販売しているものも中にはあります。
直ちに悪影響が起きるわけではないですが、素材の質が悪いために毛並みが悪くなったり、それ以前に質の悪さに気づいて食べようとしてくれない場合もあるため、高い頻度で安物を選ぶのは好ましくありません。